最近のグループウェアの料金

###Site Name###

私は、以前企業のシステム管理者をしていました。その時、グループウェアの開発兼システム管理業務も担当していました。


データベースを作ったり、ユーザへの指導を行っていました。

コトバンクの情報が豊富です。

開発費用やソフトウェアのライセンス費用の管理をしていました。その当時、グループウェアのイニシャルコストは、クライアントユーザが500ユーザぐらいで5000万円ぐらいかかっていました。

グループウェアのビジネスの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

ランニングコスト料金も、年間750万円ぐらいだった記憶があります。


最近のグループウェアの機能としては、スケジュール管理、掲示板、プロジェクト管理等で企業で情報共有を実践するには、十分な機能を実装しています。



料金が格段と低価格になっています。

製品にもよりますが、平均してクライアントユーザが500ユーザで250万円~500万円程度のイニシャルコストで導入可能となっています。

約10年前に比較して、10分の1程度で非常に導入しやすい価格体系となっています。

ランニングコストも年間250万円~500万円で、ランニングコストも割安な価格となっています。

現在のグループウェアは、クラウド対応されており、マルチデバイス(スマートフォン、タブレット等)に対応され、外回りの営業マンの営業日報、プロジェクト管理もタイムリーに実現可能となっています。

以上のように、10年前と比較して、イニシャルコスト、ランニングコストとも料金は、大幅に低価格なうえ、機能面はクラウド対応と最新の機能を実装して、企業にとって非常に導入しやすい環境が整っています。