目を大きくする方法マッサージで

目を大きくする方法マッサージでどんなものがあるのでしょうか。

例えば疲れ目の時、目がしょぼしょぼしたりすることがよくあります。そのような状態というのは、目を小さく見せてしまうのです。そのためもしも目を大きく見せたかったら、疲れ目を予防することが大切です。

簡単に疲れ目を予防するマッサージ方法としては、人差し指、中指、薬指の3本を目の上のくぼみにあてて、ゆっくり押す方法です。ゆっくり押して、ゆっくり話すを繰り返すと、血行がだんだんとよくなります。

また血行が良くなることにより、疲れ目が解消できるのです。また目を大きくする方法マッサージでおすすめなのが、目頭をゆっくり押す方法。目頭を刺激すると、目が潤ってくるのがわかるでしょうか。

目頭というところには、涙腺があります。そこを刺激すると目が潤ってくるのですね。目が潤うと、反射的に目が光り、目を大きく見せることができるのです。またドライアイなど目が乾燥してしまうと、目を小さく見せてしまうこともあります。そのためやはり乾燥を防ぐことが大切。そんなときに目頭をマッサージすると自然と潤い目が大きくなるのです。

目を大きくする方法マッサージは、ほかにもあります。それは全く目には関係ないと思われるおでこをマッサージすること。おでこをしっかり動かしてあげることにより、自然とリフトアップ効果が出て、目を引き上げることができるのです。そして目を大きく見せることが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *