ナチュラルに目を大きくする方法

日本人の目は、西洋人に比べて腫れぼったく、小さいのが特徴です。

そのため、美容整形をするしか目を大きくする方法はないと考えている人は多いでしょう。しかし、美容整形に頼らずに目を大きくする方法もあります。

では、どのような方法があるかというと、目の周りをデトックスするマッサージです。人差し指の腹を使って、下瞼の目尻から目頭、上まぶたの目頭から目じりへと円を描くようにマッサージします。

目の周りの骨の窪みを広げるようなイメージで、気持のよい強さでマッサージしましょう。その後は、こめかみに流した毒素を下げるために、こめかみから鎖骨に向かってリンパマッサージを行います。毒素を鎖骨の部分まで流したら、完了です。もう一つの目を大きくする方法は、骨の指圧です。

人差し指、中指、薬指の腹を下瞼の骨の部分に置き、下へ押し下げるように力を加えます。1回に押す長さは5秒ほどで、3回を1セットとして行います。朝、昼、晩と、3回行うとより効果が得られます。マッサージも指圧も、終わった後は手のひらで目を覆い、眼球を優しく抑え込むようにしましょう。

これらの方法を毎日続けると、目の周りのむくみが解消され、すっきりとした目元が実現できます。目の周りのむくみがなくなると、自然と目も大きく見えるため、ぱっちりとした目力のある瞳を手にいれることができます。美容整形をしようと考える前に、まずは自分に出来ることから始めてみてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *