自力で目を大きくする方法

美容整形手術などを行なわず、自力で目を大きくする方法として、マッサージがあります。

目を大きくするというと、目元のマッサージばかりに気にしてしまいますが、目のマッサージを行う前に顔のリンパマッサージを行うことで、より高い効果を期待することが出来ます。マッサージによる目を大きくする方法を行う前後には、耳の周辺にあるリンパ、首から鎖骨周辺のリンパもマッサージを行うようにする事をおすすめします。

目を大きくする方法としては、顔のむくみを解消するということが大切になります。顔がむくんでいる状態だと、目が小さく見えてしまう可能性があります。マッサージでは、中指を使用するようにしましょう。目周辺をゆっくりと円を描くように軽い力でマッサージします。上まぶたのマッサージを行う時には眉毛のところの骨を軽く押し込むようにし、下瞼の目頭から目尻に向かってリンパを流すようにします。

痛いを感じるほど強い力で行う必要はありません。気持ち良いと感じるほどの力加減で行なうようにしましょう。マッサージは血行が良くなっているお風呂上がりなどに行なうと良いでしょう。マッサージを行う時には、肌の摩擦を軽減するためにもマッサージクリームやマッサージオイルを使用することをおすすめします。毎日行うのが好ましいですが、それを行うことが出来ないという場合には、1日おきなどでも良いので、出来る限り継続して行うということが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *