グループウェアを導入したことによる事例

###Site Name###

グループウェアとは、企業などの組織内のコンピュータネットワークを使用し、グループ内のコミュニケーションを円滑にしたり、データの共有ができたりするシステムソフトウェアのことを指します。
コンピュータネットワークを利用するので、自分の会社内にあるパソコンからだけでなく、自宅のパソコンや携帯からでもアクセスすることができるので、会社におらず、外出中などでも確認をすることができます。


グループウェアの基本的な機能には、「メール機能」「データ共有」「電子掲示板」「スケジュール管理」「会議室予約」「ワークフロー機能」などがあります。グループウェアはスケジュールやデータを共有することで個人やそのグループがどのような仕事をしているのかが分かりやすくなるし、誰がどのような状況なのかが分かるようになります。



そのため、お互いフォローをし合ったりしてミスが減り、情報の伝達ミスによるミスも減ります。



コメント機能もあるので、仕事のアドバイスをすることができるので、今後の仕事の参考にすることができ、仕事の能力アップ、仕事のスピードアップに繋がります。

グループウェアを導入することにより、今までよりも業務のスピードが上がったという事例、ミスが少なくなったという事例、コミュニケーションが取りやすくなったという事例がたくさんあります。

All Aboutの特徴をご紹介する情報です。

仕事の効率を上げたい、生産性を上げたいという企業はグループウェアを導入するのがおすすめです。