カンボジアの技能実習生の受け入れについて

インドシナ半島に位置するカンボジアの国民の大多数が敬謙な仏教徒であり、素朴で温厚な人柄そして勤勉で従順な性格の人が多い国民性など、私達日本人と国民性に於いて共通する部分も多のではないでしょうか。

カンボジアの技能実習生情報が満載です。

また以前より我が日本国はカンボジアにとって最大の援助国でも有ります。



カンボジアでは、自国の経済発展及び産業振興の為に、有能な青壮年を技能実習生として送り出し日本の先進的で高度な技術・技能や知識を学び習得する事で自国の経済の発展のリーダー及び担い手として、自国の経済発展及び産業振興に貢献出来る人材を育成しなければならないと言う考えが強く有ります。

日本政府としても発展途上国のニーズに答える事により経済発展の手助けを行うという国際貢献の観点から日本政府が主導し産業界が協力して事業所(殆どが中小企業・農家)に発展途上国の有能な青壮年を技能実習生として受け入れ、一定期間事業所(2年~3年)で働ながら日本の先進的で高度な技術、技能等を事業所内の研修や実習で学び習得して貰うことで、、発展途上国の青壮年へ日本の先進的で高度な技術・技能の移転を行うことで発展途上国の経済発展や産業振興を担う人材育成を目的とした制度が「外国人技能実習制度」です。

この制度を利用して多くのカンボジアの青壮年が技術・技能を学ぶ為に日本に技能実習生として事業所で働きながら研修や実習を受けています。
その様な崇高な理念の元創設制度の「外国人技能実習制度」では有りますが、残念ながら制度を悪用して、技能実習生を低賃金、人権侵害・労働基準法違反行為など様々なトラブルを引き起こす悪質な事業主も後を絶たず、国際問題にも発展しています。



技能実習生が安心して研修や実習が学べ技術や技能が習得出来る様に改善する為の制度の見直しそして、悪質な事業主等の関係者の排除及び監督・指導が国際社会の信頼を回復するするためにも非常に重要な事だと思われます。