カンボジア出身外国人研修生を受け入れるメリット

現在日本の看護・介護業界ではここ数年で一気に外国人研修生を受け入れる風潮が高まっています。

いろいろなカンボジアの外国人研修生関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

その背景には、要介護者の増加とは反比例して日本人の介護職就業数が減少している実情があります。

日本に外国人研修生としてやってくるのは、中国・フィリピンの他に内戦が終結して以降カンボジアやベトナムなどの近隣国や日本より物価の安い国の若者です。


一人で出稼ぎのために日本に来ることが多く、お金はわずかな生活費を残して家族がいる国へと送金していることが多いです。



そのため、日本人の月収からすれば多少安い賃金でも、フィリピンやカンボジアの現地の物価からすれば十分な稼ぎが手に入り生活も安定するため、このような業種で働く意思を持った外国人研修生は簡単に辞めないというメリットがあります。


リスクとしては、不法就労を目的としてとりあえず就労ビザを手に入れて日本に入国する名目だけで研修生としてやってきて、その後しばらくして音信不通となり全く別の仕事に就いてしまうことがあります。
これは中国やフィリピンに多く、日本国内にそういった出身の国の人が働けるような一種の同郷コミュニティが出来上がっていることが原因と言われています。リスクの点で考えると、ベトナムやカンボジアなどの現在において発展が著しい新興国の研修生を受け入れるのは、未だ不法就労や不法滞在を助長する同郷のブローカー的存在があまり多く存在していないため、純粋に研修生として与えられた職を全うしてくれる確率が高いのです。